2019年8月7日にブッコミで先行配信された

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

配信開始からあっという間に

日間ランキング1位

を獲得してしまいました。

 

なぜここまで爆発的に読まれているかというと、

 

チンジャオ娘 × 達磨さん転んだ

 

というエロマンガ業界のビッグ2がコラボした作品なのです。

 

それにより公開される前から話題となっていました。

 

私も公開までカウントダウンをしていたクチで、

オンタイムで全話(5話)購入して来ました(笑)

 

そして正直この作品は

ドがつくほどエロくて美しい

ものだったので、簡単にあらすじやネタバレを書いていこうと思います☆

▼▽無料試し読みは下記画像をクリック▽▼


日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|あらすじ・無料ネタバレ

この物語は超がつくド田舎が舞台。

 

家族で田舎の実家へ帰省し、

そこで3年ぶりに出会った従姉弟と

イケナイ関係を築いてしまうお話になっています。

 

メインとなる登場人物は主に4人で、

それぞれ下記のようなタイプです。

登場人物一覧

ヒロト

今時中学生 主人公

涼音

長髪清楚系の女子高生 ヒロトの姉

タケル

THE・田舎少年 タンクトップが良く似合っている

愛美

おっとり系のお姉さんキャラ ナイスバディ タケルの姉

 

言うまでもなくお姉さん2人がキーですね(笑)

それではここからあらすじを詳しく見ていきます☆

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「あらあらいらっしゃい、涼音ちゃんにヒロトくん」

「遠いとこまでよお来たね〜」

 

涼音

お久しぶりです、叔母さん

 

ヒロト一家は3年ぶりに父親の実家へ帰ってきた。

 

姉の涼音はヒロトの2歳年上で、

昔はよく一緒に遊ぶ姉弟だったのだが。。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

タケル

おっす!ヒロ兄!すず姉!

ヒロト

おおっ、久しぶり!

お前あんま変わってないなぁ

 

タケルはヒロトの1歳下で、

3年前とあまり変わっていない様子。

 

愛美

3年ぶりやね

ヒロくん、涼音ちゃん

ヒロト

まな姉っ!?は、、その、、

おっきくなったね

 

愛美はタケルの姉でヒロトの1歳年上。

 

姉涼音の1歳年下になるのだが、

3年前よりもかなり発育し女の身体になっていた。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

そして再開からすぐ両親たちが挨拶回りに行ってしまい、

家に残された若者4人。

 

昔は日に焼けるまで遊び回ったものだが、

流石に今はそういう訳にはいかなかった。

 

暇を持て余した4人は

結局家でゴロゴロしている。

 

そんな中ヒロトはタケルにスマホの画面を見せる。

 

ヒロト

そうだ、タケルちょっと良いもの見せてやろうか?

タケル

おおっ!すげぇ!

AVじゃんこれ!

 

2人の盛り上がりを見て愛美も身を乗り出してくる。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

タケル

ねぇねぇ、涼音ちゃんはもうエッチしたことあるの?

涼音

え、、ハァ!?

あるわけないじゃん!!

 

タケルの予想外の質問に驚きつつも

しっかり答える涼音。

 

(タケル、ナイスです 笑)

 

愛美

そうなん?

都会の子ってみんなもうしてると思っとったよぉ

涼音

そ、そんなことないし!

そういう子もいるけど。。

 

この場にいる4人全員経験がないことを知った愛美は

愛美

ならさ。。

みんなでちょっと練習してみん?

 

と唐突にものすごい提案をする。

 

タケルは即答でOKし、

ヒロトと涼音も参加することになった。

 

そして弟たちは姉を交換してち◯ぽを晒すことに。

 

はじめは「触るだけ」という約束だったが、

欲情した4人は性欲を抑えることができず。。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

▼▽無料試し読みは下記画像をクリック▽▼


日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~|極上のエロマンガだった!

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

は現在5話まで公開されており、

完結していません。

 

が、しかし!

 

  • 涼音のいかにも清楚ツンデレ系といった女子高生感
  • 愛美のTHE田舎美人感と超ナイスバディ

 

が見事に描かれており、

すでに半端じゃないエロさを醸し出していました☆

 

一般レベルのアダルトビデオを観るより興奮します(笑)

 

今日本で大絶賛の

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

 

ぜひ無料試し読みでご覧ください!

 

▼▽無料試し読みは下記画像をクリック▽▼